1日に30回

工夫をするだけでダイエットにつかづくはず

少しの工夫をするだけでも、食事のダイエットに繋がるはずです。食べたいものを食べる時でも、口の中でよく噛むことでかなり変わると思います。

 

昔からよく噛んで物を食べるというのは一般的に知られている過食防止のテクニックの一つで、これらには脳科学的な裏付けがあり、物をよく噛むことで食欲を抑制する様々なホルモンが分泌されることことがわかっています。

 

これは脂肪細胞から出るレプチン、消化管から出るグレリン、脳内の分泌されるヒスタミンなどが脳の満腹中枢を作用して少しずつですが、脳に対して「満腹だ!!もう食べなくていいぞ!!」と司令を与えているわけであり、食欲を抑えることにつながるわけです。

 

顎を動かすことで顔の運動にもなるので、交感神経の活動が高まり、一口につき30回を目安に噛むことが重要になります。

 

逆に噛まないと、口の中の唾液と一緒に胃の中に入り込まないために、消化吸収能力もなくなります。すると、栄養分を体内にしっかりと入り込むことができないために、栄養不可になる恐れもあります。ほんの少しのことなんですが、毎日の食習慣に対しても意識することはすごく重要になります。